スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都府定例審査会

京都市立武道センターで第一回定例審査会が行われました。
本学からは望月、中畑の二名が三段に挑戦しました。

結果は望月が無事合格!!オメデトー
中畑は残念ながら実技審査で落ちてしまいました。
またOBの須原先輩も五段を受験し、合格されました。おめでとうございます。
14日は是非稽古をつけていただきたいと思います。

【昇段審査について思うこと】
「昇段するということは、以前の段位を卒業してもよいと認められたということ。修業の次の段階に入ってもよいという許しを得たのと同じことで、これからの精進が大切である。」
中学生のとき二段合格時に先生からいただいた言葉です。
当時は意味がわかりませんでしたが、四段に昇段してから意味がわかってきたような気がします。
合格したときは嬉しいものですが、同時にまだまだこれからだという謙虚な気持ちも持たなければいけません。
そう考えると、昇段して最初の稽古にどのような気持ちで臨むかということが重要になると思います。

合否関係なく、昇段審査は自分の剣道を見直す良い機会だと思います。
二人とも何か感じることはあったと思います。
それを意識して稽古していくことが自分にとってのプラスになり、ひいては全体のレベルアップにつながると思います。

駄文失礼しました。報告は以上です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

京教大 剣道部

Author:京教大 剣道部
現役部員の公式ブログです。
活動報告や予定など更新しています。

稽古は週4回
月・金 16:30~
  水 13:00~
  土 10:00~

お手数ですが稽古に来てくださる方は確認の方、お願いします。

何かございましたら、こちらにご連絡ください。
kyokyo.kendo@gmail.com

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。