スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月の予定

【7月】
27日 前期稽古最終日 (16:30~)
28日~8月3日 前期試験のためオフ

【8月】
 4日 夏休み稽古開始
13日~16日 お盆オフ(大学入講禁止)
19日 近畿国立大学体育大会
27日 練習試合(於:京都教育大学体育館) 予定

夏休みも月水金土の週4回稽古を行います。
ただし、時間帯はすべて10時からとなります。
他大学との練習試合等、本学武道場で稽古を行わない場合は随時お知らせします。
稽古に来てくださる方は、お手数ですが下記アドレスまでご連絡ください。
kyokyo.kendo@gmail.com

本日気象庁より梅雨明け宣言がありました。
じめじめした気候での稽古は辛いものがあります。
しかし、これからは爽やかな気分で稽古を行えることと思います。

「心頭を滅却すれば火も亦涼し」
心の持ちようによっては夏の暑さも涼しく感じられるようになるかもしれません(・д・)
これからは気温もグングン上がると思いますが、夏の暑さに負けない熱い気持ちを持って稽古に励んでいきましょう。

もちろん適切な体調管理と水分補給も大切ですけどね(^^)
自己管理の大切さは言うまでもありませんよ。
食事と睡眠はしっかりしましょ~

以上です
スポンサーサイト

京都府剣道選手権兼京都府民大会

本日、京都市立武道センターに於いて、「第54回京都府剣道選手権大会兼第35回京都府民総合体育大会」が行われました。
本学からは4名エントリーしました。
結果は以下の通りです。

【二段の部】
伊豆蔵
○一回戦 メメ―   加賀屋(京大指薪会)
●二回戦   ―メメ 福代 (東山高)

中畑
●一回戦   ―コ  西山 (立命館高)

【三段の部】
山本
●一回戦   ―メメ  勇 (同志社大)

【四段の部】
千葉
●一回戦   ―コ  小林 (京都府警本部) 上段

普段は大学生としか試合を行わないので、高校生や警察官と試合ができたことは貴重な経験になったと思います。
これからの剣道に活かしていければと思います。

今日は気温が30度を超え、非常に暑い日となりました。
梅雨明けまであと数日といったところでしょう。
早く梅雨明けしてほしいと切に願う毎日です。

合同稽古

先週に引き続き、今週も合同稽古を行いました。
先週と打って変わり、じめじめとした非常に不快な気候の中での稽古になりました。(奈良の快適さが際立っていました。)

今回はOBの須原先輩と小林先輩引率の下、城陽高校さんと木津高校さんが本学に来られました。
いつもより人数が増えるということで、畳をあげて全面使用しました。
現在は武道場入って左側で稽古行っていますが、昔は右側で稽古を行っていました。
当時のものであろうラインテープや、年代を感じさせる床の色合いは当時の稽古風景を想起させるような雰囲気を出しています。
個人的には昔の床のほうが好きです。

合同稽古は大学の通常稽古+αで行いました。
普段の倍の人数での稽古なので、活気が違いました。
同じ稽古をするにしても、いつもより気力を込められたと思います。
いつもより張り切ったので、稽古後は身体全体に疲労感がありました。
高校生は元気そうで若さを感じました(笑)

今日は竹刀を振ることを意識した稽古内容にしましたが、やはり疲れてくるとしっかり振れない人が出てきます。
また、技のつながりという点でも、疲れてきたら振り返ったところで休んでしまったり、振り返りや抜けが遅くなったりしてしまいます。
これは大学生、高校生共通の課題だと思います。

明日は男子の試合です。
本学からは4名エントリーしています。
城陽高校さん、木津高校さんも全員参加されるみたいで、お互いの健闘を誓って終了しました。

合同稽古with奈良教育大学

昇段審査組とは別行動で朝から奈良教育大学に行ってきました♪
梅雨を感じさせない晴天で絶好の剣道日和となりました。
心なしか奈良公園の鹿もイキイキしていました。
京都特有のじめじめした空気はなく、非常に快適で足取り軽やかに移動しました。

今回は奈良教と京教だけの稽古会です。
最初に練習試合を男女各2試合ずつ行いました。
初心者の嶋田の記念すべきデビュー戦となりました。
その後合同稽古を行い、普段稽古できない相手と汗を流しました。
終わりに奈良教の監督さんより「京教は相手の打ち終わりなど、打突の機会を狙うという姿勢はできている。しかし、公式戦を考えると、もっと厳しく攻めていかなければいけない。技と技の連携を意識すると変わる。」とアドバイスをいただきました。
個人的なアドバイスでも「攻めを強く、相手にかかる気持ちをもっと出していかなければいけない。受けの稽古に慣れているような剣道になってしまっている。」と言っていただきました。あまり意識していませんでしたが、三回生になったあたりから受けの姿勢で稽古をしていることが多くなったように思います。気持ちの持ちようで修正できることなので、かかる稽古を意識していこうと思います。

各自得るものがあったと思います。
今回の経験を近国体、関西学生につなげていけるよう稽古していきましょう。
奈良教育大学の皆様、本当にありがとうございました。
次は是非とも京都にお越しください。


最後は本学二回生による残念な夏にピッタリの涼しくなる一発ネタを披露して終了しました。
奈良ならではのネタのやり取りもしていましたが、今後に不安が残る終わり方でした。
しかし、来年の四教戦では場を盛り上げる一発ネタを披露してくれると期待しています。
以上です

京都府定例審査会

京都市立武道センターで第一回定例審査会が行われました。
本学からは望月、中畑の二名が三段に挑戦しました。

結果は望月が無事合格!!オメデトー
中畑は残念ながら実技審査で落ちてしまいました。
またOBの須原先輩も五段を受験し、合格されました。おめでとうございます。
14日は是非稽古をつけていただきたいと思います。

【昇段審査について思うこと】
「昇段するということは、以前の段位を卒業してもよいと認められたということ。修業の次の段階に入ってもよいという許しを得たのと同じことで、これからの精進が大切である。」
中学生のとき二段合格時に先生からいただいた言葉です。
当時は意味がわかりませんでしたが、四段に昇段してから意味がわかってきたような気がします。
合格したときは嬉しいものですが、同時にまだまだこれからだという謙虚な気持ちも持たなければいけません。
そう考えると、昇段して最初の稽古にどのような気持ちで臨むかということが重要になると思います。

合否関係なく、昇段審査は自分の剣道を見直す良い機会だと思います。
二人とも何か感じることはあったと思います。
それを意識して稽古していくことが自分にとってのプラスになり、ひいては全体のレベルアップにつながると思います。

駄文失礼しました。報告は以上です。

京都府女子剣道大会

7月1日京都市武道センターに於いて京都府女子剣道大会が行われました。
この大会は全日本女子剣道選手権大会京都府予選も兼ねています。
本学からは近藤(4回)稲村、小山(2回)の3名がエントリーしました。
【女子Ⅰ部】
近藤(ベスト8)
一回戦 コ―  熊谷(佛大)
二回戦 メ―  山内(花園高)
三回戦 メ―  川本(立大)
準々決勝 ―メ 岡内(立大)

稲村
一回戦 メ―  菅原(久御山高)
二回戦  ―メ 元木(立大)

小山
一回戦  ―メ  城(立大)

15日は男子の試合です
段別の個人戦となります
伊豆蔵、中畑(2段)山本(3段)千葉(4段)の4名がエントリーしています。
応援よろしくお願いします。
また8日は京都府の定例審査会が行われ、望月と中畑が共に3段を受けます。

以上です
プロフィール

京教大 剣道部

Author:京教大 剣道部
現役部員の公式ブログです。
活動報告や予定など更新しています。

稽古は週4回
月・金 16:30~
  水 13:00~
  土 10:00~

お手数ですが稽古に来てくださる方は確認の方、お願いします。

何かございましたら、こちらにご連絡ください。
kyokyo.kendo@gmail.com

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。